矯正歯科

smileTRUを使った歯科矯正

SmileTRU(スマイルトゥルー)は、米国が開発した世界各国で実績を挙げているマウスピース型(アライナー)矯正システムです。
薄く透明なマウスピースを使用するため、従来の矯正装置よりも目立ちにくい、使用時の違和感やストレスが少ないといった特徴があります。

安心、安全、高精度。世界基準で作られます。

国内で歯型模型をレーザースキャニングマシンで3Dデータにした後、米国本部のSmileTRU社に送られます。現地では矯正医を含む専門チームが送られてきた3Dデータを基に歯を正しくきれいな位置にデザインします。そのデザインを基にして日本で制作を行います。
最終的な歯並びを3D画像上でシミュレーション、確認することができ、患者さまも納得した上で治療を開始することができます。
世界のプロフェッショナルがあなたの矯正を手助けいたします。

定期的に交換するだけ。快適な日々を送れます。

使用方法は1日20時間装着するだけと、とてもシンプルです。着け始めてから2週間後に新しいマウスピースに交換していきます。マウスピースはすぐに慣れるので、日常生活での会話や食事にストレスや違和感を感じません。簡単に取り外しができるため、歯磨きがしやすく、お口もマウスピースも衛生的に保てます。

smileTRUを使った歯科矯正の流れ

1.カウンセリング

  1. 患者さまがSmileTRUの矯正に適しているか診察を行います。
  2. SmileTRUについての説明を行い、患者さまのご要望などがないか、おうかがいします。
  3. 口腔内の診察をします。虫歯や歯周病などが見られる場合は、矯正に入る前に治療を行います。

2.治療準備

  1. 矯正治療のための歯型採りを行います。
  2. アライナーシステムの多くは何度も歯型を採るのに対して、SmileTRUは一度歯型を採るだけで大丈夫です。
  3. 歯型を採った後は、パノラマレントゲンと口腔内の写真撮影を行います。
アライナー(マウスピース)のデザイン
  1. 国内で模型を基に3Dデータ化します。
  2. そのデータを米国本部のSmileTRU社に送り、現地でデザインを行います。

3.矯正シミュレーション結果・確認

  1. 矯正のシュミレーションデータがクリニックへ送られます。
    治療を始める前に、歯並びを予測した3D画像で仕上がりを確認することができます。
  2. アライナーの制作は患者さまの同意を得てから行います。
アライナーの製作
  1. 米国から国内へ各段階に応じてデザインされた模型のデータが送られます。
  2. 受け取ったデータを基に3Dプリンターを用いて立体化します。国内の歯科技工士が使用を認められた材質のシートを使用したアライナーの製作に取り掛かります。
  3. 出来上がったアライナーがクリニックへ届けられます。

4.アライナーの装着準備

  1. アタッチメントと呼ばれる歯を動かすための白く小さいサポートを、ラボから指定された箇所に接着させます。
    症例によっては装着しない場合もあります。
  2. ラボから指示のあった箇所にIPR(歯の横幅を小さくするための処置)を行います。現在の顎のスペースに重なり合った歯を綺麗に並べるためには、スペースを空ける必要があります。
    スペースが足りない場合、抜歯を行うこともありますが、IPRは抜歯を極力行わないための方法です(1ヶ所最大0.5mm)。
    症例によっては必要のない場合もあります。
  3. アライナーの使用方法・注意点について説明をします。

5.アライナーの装着

  1. 1日20時間装着してください。また、飲食、ブラッシングのときは外してください。規定の時間より装着時間が短いと、予定通りに矯正が進まなくなってしまう場合があります。
  2. 2週間後にクリニックで診察を受けた後、主治医から次に装着するアライナーを受け取ります。
  3. 個人差はありますが、早い方だとおよそ3ヶ月できれいな歯並びになります。