予防歯科

予防歯科の役割とは?

虫歯や歯周病になってしまってから治療していたのでは、たとえ治ったとしても歯はどんどん傷み、いつかは失われてしまいます。本当に大切なのは対症療法ではなく、「予防」なのです。予防歯科では、最初から虫歯や歯周病にならない歯を作るための適切な予防措置を行っています。虫歯や歯周病を治療したとしても、常日頃からの丁寧な予防措置がとれていなければ症状はすぐに再発してしまうのです。口腔の健康を保ち、虫歯や歯周病を防ぐために、予防歯科は非常に重要です。

当院の予防処置

スケーリング

「スケーリング」とは「歯石除去」とも呼ばれる治療で、スケーラーという器具を使用して歯石の除去を行います。歯石を除去するとプラーク(歯垢)がつきにくくなるため、虫歯・歯周病予防には効果的です。

PMTC

「PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)」とは、専用の器材を使用したプロの手による歯のクリーニングのことです。PMTCでは、虫歯の原因となるバイオフィルム(細菌の塊)を除去します。定期的にPMTCを受ければ、虫歯の再発や歯周病の進行を防ぐことが可能です。

ブラッシング指導

毎日のブラッシングによるプラークコントロールは、虫歯や歯周病の予防には非常に効果的です。しかし、正しいブラッシングができていなければ意味はありません。予防歯科では口腔衛生のプロである歯科衛生士が正しいブラッシングを指導しています。

フッ素塗布

「フッ素」とは、歯を強くするための栄養剤のようなものです。健康な歯をいつまでも保つためには、子どもの頃からの徹底した予防が重要になります。定期的なフッ素塗布は、お子様の虫歯予防に最適です。